jazz.info

"Louis Armstrong, Charlie Parker." (Miles Davis summarizing the history of jazz)

jazz.info header image 4

Entries Tagged as 'tenor sax'

Billie Holiday: A Portrait of Billie Holiday - Disk 2 (Columbia)

August 24th, 2009 · No Comments

Side-A 1. Sun Showers 2. Yours and Mine 3. I'll Get By 4. Mean to Me 5. Foolin' Myself 6. Easy Living 7. I'll Never Be the Same 8. Me, Myself and I 9. A Sailboat in the Moonlight Side-B 1. Can't Help Loving' Dat Man 2. When You're Smiling 3. I Can't Believe that […]...

[Read more →]

Tags: Holiday, Billie · vocal · Wilson, Teddy · Young, Lester

Billie Holiday: A Portrait of Billie Holiday - Disk 1 (Columbia)

August 19th, 2009 · No Comments

ビリー・ホリデイが亡くなって、今年で50年。ルイ・アームストロングと共に、それまでの歌のあり方を圧倒的な才能で一挙に転換してしまったこの20世紀最大の天才歌手をしばらく集中的に取り上げてみようと思います。 細かい...

[Read more →]

Tags: Holiday, Billie · vocal · Webster, Ben · Wilson, Teddy · Young, Lester

Art Tatum: The Tatum Group Masterpieces (Pablo)

July 20th, 2008 · 1 Comment

盲目のピアニストアート・テイタムは超弩級のテクニシャンで天才なのですが、いまひとつ人気がありません。その理由は多くの人が気づいているように「うるさい」んですね。上手いんだけれどのべつ幕なしに「コロコロコ...

[Read more →]

Tags: piano · Tatum, Art · tenor sax · Webster, Ben

Herbie Hancock: Maiden Voyage (Blue Note)

July 6th, 2008 · No Comments

ちょうどジャズに興味を持ち出した頃、奥平真吾さん(当時11歳!)がデビュー作『処女航海』をリリースして、おまけに彼と私が一歳違い。にもかかわらずこの大きな違いは何なんだ!?という大きな疑問にぶち当たりました。さ...

[Read more →]

Tags: Carter, Ron · Coleman, George · Hancock, Herbie · Hubbard, Freddie · piano · Williams, Tony

Art Blakey: The Jazz Messengers (Columbia)

June 3rd, 2008 · No Comments

ハード・バップのど真ん中にある曲は何かと聴かれれば、"Nica's Dream"じゃないかと答えています。この曲、作曲はホレス・シルバー、ハード・バップど真ん中からファンキーあたりまでの屋台骨を支えたピアニストで、ブルーノート後期...

[Read more →]

Tags: Blakey, Art · Byrd, Donald · drums · Mobley, Hank · Silver, Horace

Herbie Hancock: River - the joni letters (Verve)

December 16th, 2007 · No Comments

授業でハービー・ハンコックの音楽を聴かせました。「カンタロープ」。何人かは反応していましたが、中には狐につままれたような顔して聴いている学生もいて、やはり歌がないとポイントを絞って聴けない人もいることに...

[Read more →]

Tags: Hancock, Herbie · piano · Shorter, Wayne

Barney Wilen: French Ballads (IDA Records)

November 25th, 2007 · No Comments

バルネ・ウィランにはこのアルバムから入門したために、ずっと「パリの粋なエスプリを感じさせるテナー」という印象を持っていました。寺島さんも、その著書で「国立(くにたち)にはバルネがよく似合う」とおっしゃっ...

[Read more →]

Tags: tenor sax · Wilen, Barney

Wes Montgomery: Full House + 3 (Riverside)

October 31st, 2007 · No Comments

クリード・テイラー路線のウェス・モンゴメリーには批判も多いですが、私は嫌いではありません。しかし、しょせん「嫌いではない」といった程度の好みであって、『夢のカリフォルニア』を聴くときのテンションというの...

[Read more →]

Tags: Griffin, Johnny · guitar · Kelly, Wynton · Montgomery, Wes

Lester Young: With Oscar Peterson Trio (Verve)

October 24th, 2007 · No Comments

日記ブログのほうにも書いたことですが、授業で観たサッチモの伝記映画の中で、ウィントン・マルサリスが印象的なことを述べていました。「晩年のルイはテクニックが無くなったから買わないという人がいるが、そういう...

[Read more →]

Tags: Brown, Ray · Kessel, Barney · Peterson, Oscar · tenor sax · Young, Lester

Joe Henderson: Page One (Blue Note)

October 22nd, 2007 · No Comments

ケニー・ドーハムの「ブルー・ボッサ」はいろいろなアルバムで取り上げられていることからも分かるとおり、実に名曲ですね。16小節でCマイナーの構造を持ったこの曲には私も挑んだことがありますが、3番目の4小節の転調を上...

[Read more →]

Tags: Dorham, Kenny · Henderson, Joe · tenor sax · Tyner, McCoy